キャッシングで即日融資に申し込む際に抑えておきたいポイント

即日融資を謳うキャッシング会社は多いですが、実際に即日融資をしてもらうためには守るべき大切なポイントが存在します。もしもの時に備え、迅速な融資を実現して貰うために抑えるべきポイントをここに紹介したいと思います。

 

営業時間を確認すること

第一に大切となるのが、キャッシング会社の営業時間を把握することです。キャッシングへの申込はインターネットから24時間いつでも申し込むことができますが、インターネットからの申請が審査されるのはキャッシング会社の職員が対応できる営業時間内となります。そこでインターネットから申し込めても、すぐに融資に関する回答が貰えるとは限らないのです。店舗の営業時間は平日18時もしくは19時までとなっており、土日と祝祭日は休日という場合が多くなっています。

 

その時間帯以降に申し込むと、翌営業日の審査に回される可能性があるため注意が必要となります。自動契約機であれば、店舗よりも営業時間が長く土日や祝祭日も利用可能となっています。しかし自動契約機からの申込でも、時間帯によってはその場で融資が受けられない可能性もあります。そこで自動契約機から融資を受ける場合であっても、平日の日中に申し込み手続きを済ませる方が、迅速な融資に繋がる可能性が高くなるのです。

 

銀行の営業時間も確認する必要がある

即日融資をして貰う際に、大切となるのが銀行の営業時間の確認です。キャッシングで融資を受ける方法は複数あります。キャッシング会社や提携会社のATMから融資して貰う方法、店舗の営業窓口を利用する方法 、それにキャッシング利用者の銀行口座に振込んで融資して貰う方法の3つの方法が存在しているのです。

 

ATMを利用するには、自動契約機あるいは窓口で発行して貰った専用カードが必要となります。専用カードは店舗の窓口か自動契約機で作成できますが、店舗や自動契約機に行けない場合には郵送での配達となり、手元に届くまで数日を要します。

 

そこで即日融資を受ける場合には、銀行口座への振り込みを依頼することが多くなります。銀行振り込みにより融資を受ける場合、電話1本で手続きが完了するため非常に便利なのですが、ここで気をつけておきたいのがその日のうちに融資を受けるためには申し込み手続きを14時までに完了しておく必要があるということです。

 

14時を過ぎてからの申込は、銀行では翌日扱いの振込みとなってしまうのです。また銀行振込みによる融資を受ける場合には、キャッシング会社によっては初めての利用でしか認められないため、注意する必要があります。

 

ネット銀行の口座を開設しておくと便利

より安全に即日融資を受けるためにオススメしたい方法が、ネット銀行に口座を開設することです。キャッシングでは、ネット銀行の口座に対する融資は14時以降も対応している会社が多くなっています。さらにネット銀行は従来の銀行とは異なり営業時間という概念が存在しないため、土日祝祭日でも24時間の対応が可能で、いつでも融資が受けられやすいというメリットがあります。

 

融資がネット銀行に振込まれたら、ネット銀行提携の24時間営業のコンビニATMから引き出すことも可能となります。このようにネット銀行の口座を持っていれば、即日融資のメリットを十分に生かすことができるのです。

 

ただし即日融資は誰にでも受けられるわけではありません。フリーターなど収入が安定していなかったり、複数の債務を抱えていると審査に時間がかかり、申込の日に融資が受けられない場合もあります。いくらキャッシング会社が即日融資を謳っていても、必ずその日のうちに融資を受けられるとは限らないため、時間に余裕を持って申し込むことが大切となります。

 

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

即日融資が希望なら消費者金融の利用を!

 

今すぐの出費には消費者金融を利用しましょう

キャッシングを利用する大半の方はスピーディな借入を望んでいるのではないでしょうか?キャッシングの利用には主に、銀行か消費者金融を利用するとおもいますが、少しでも早い借入を希望するのであれば消費者金融がおすすめです。銀行には総量規制がかからないため、専業主婦のように収入がない方でも利用できるのが利点ではありますが、審査の難しさと借入までに費やす時間の長さが目立ってきます。そのデメリットを解消しているのが消費者金融です。審査は銀行ほどの厳しさはありませんし、審査結果は最短30分以内に出ます。自動契約機があるのも魅力の1つです。

 

消費者金融のイメージ

しかし消費者金融と聞くとあまり良いイメージをしない方も多いでしょう。法外な金利であったり厳しい取り立てであったりと様々な憶測が浮かぶとは思いますが、正規の消費者金融にそういったことはいっさいありません。万が一遅延損害金が発生せても、年利が20%を超えることはありませんし、大手会社などは安心・安全の支持を受けているからこその大手ですので、マイナスなイメージを持つ心配はありません。

 

厳しい取り立てはありません

上記した通り、厳しい取り立てが行われることはありません。自宅にまで伺うケースは、連絡を無視し続けたような場合ですし、利用者の同意なしでドラマのようにズカズカと上がりこむこともありません。取り立てと言っても法的手続きを踏んだ上で行われるため、恐ろしいものと考える必要はありません。

 

滞納に対しては銀行のほうが厳しいです

先程も記述しましたが、銀行は審査も厳しい分、返済が遅れることに対しても厳しいです。どちらにしても返済日を守るのは当然ですが、急な出費の時には何かと消費者金融のほうが便利と言えます。

 

ネットを使い簡単に申込

消費者金融の利点の1つはネット申込の利便性の高さでしょう。ネット環境さえあれば簡単に申込が行え、全てネットで済ませることも可能です。審査は30分〜1時間が平均的ですが、多少の差異はあれほとんど会社が21時までの申込には当日中に結果を報告してくれます。

 

ただし銀行振り込みで即日融資を希望する場合には、遅くとも14時まで審査結果が出るように申込を済ませなければなりません。なぜなら基本銀行は15時までの営業ですので、振り込みの手間暇を考えると14時までに済ませなければその日中には間に合わないからです。これは土日祝日も同じことです。

 

しかしカードローンでの融資ならばその問題は解消できます。窓口での申込ならばその場でカードが発行されるためすぐに借入が利用できます。また、もしも家の近辺に店舗がなかった場合には自動契約機を利用すれば大丈夫です。申込でもカードの発行を方法を自動契約機に選択すれば受け取り可能ですし、自動契約機ならば設置台数が多いとこをはじめ、銀行はもちろんのこと窓口よりも長い21時頃までの利用が土日祝日でもできるため遅い時間帯であっても心配ありません。ネットで申込を済ませ、結果次第で自動契約機に足を運び、併設のATMで借入を行うのが理想的な形と言えます。

 

しかし自動契約機を設置しているのは、大手がほとんどです。また職場への在籍確認もあるため、勤務先の営業時間にも合わせる必要がありますので注意してください。 即日融資を希望する場合には、早めの申込と自動契約機のある大手会社を利用しましょう。

即日融資、即日審査の違いを学んでおこう

 

即日審査と即日融資が違うことを覚えておこう

キャッシングをするときによく業者のホームページに書いてある「14時までの審査完了で即日融資いたします」「ネット申込で簡単審査、簡単融資可能」などの文言が掲載されていることがあります。

 

この「即日」という文言ですが、考え方によっては即融資してもらえるものだとこちらは思ってしまいがちです。しかしよく見てみてください。「即日融資」と「即日審査」という2つの言葉があることにお気づきでしょうか。この2つは似ているようで、実は全然違うものなのです。

 

即日審査をした後、融資までに時間がかかることもある

即日審査後、実際に口座へ入金があったのは一週間後だったということもあります。その日のうちに入金してもらえるものだとばかり思い込み、入金が遅かったと嘆いても後の祭りですので、気をつけて申し込んでください。

 

消費者金融系が即日融資に強い

即日融資の持つその意味は「申し込み後の当日に融資が可能」という意味です。消費者金融系は即日融資に強いため、即日でお金借りたい場合は消費者金融を選ぶとよいでしょう。銀行は自動契約機がないのでその場で融資はできませんが、消費者金融は全国に自動契約機がありますので、身分証を提出したりカード発行をしたり、融資をしたりということも可能なのです。

 

銀行カードローンの弱点は口座振込の時間帯

近年では多くの銀行でもカードローンを取り扱っていますが、口座振込の形で融資が行われるので、土日祝日、平日の15時以降は振込ができないという弱点があります。しかし消費者金融系の自動契約機は全国にあるだけでなく、24時間365日動いているものも多いので、その場ですぐに融資してもらえます。銀行も消費者金融も提携ATMはありますが、自動契約機でカードを発行できる契約機の存在は非常に強いのです。

 

即日融資を通すためには早い時間帯に

銀行カードローンにおいても早期時間帯に審査完了すれば口座振込されますので、銀行の本店や支店が近いと窓口でカードを受け取り、その後、キャッシングが可能となりますから、即日融資をどうしても行いたい場合には、申込の時間と融資情報を細かく確認しておくことが大切です。

 

「即日(融資・審査)」、「申込受付」の違い

即日審査は即日融資と違い、その日に審査しますということだけなので、審査のみに絞られています。そして間違えていただきたくないのが、「審査結果が当日中」に出たとしても、融資されるのは数日後ということもあります。よくカードローンの口コミを見ると、審査されてから実際に口座振込があったのは5日目だったという話もあります。

 

さらに、ネット申込の場合にも注意が必要です。「24時間ネットにて受付可能」と書かれている文言もありますが、これにも注意してください。これはあくまで24時間受付をしますよということなので、審査回答がすぐ返ってくるとは限りません。受付を夜中にしても審査回答が返ってくるのは翌営業日以降ということがあるので、本審査までの時間はそれなりにかかるということを覚えておいてください。

 

まとめとしては、即日審査と即日融資は言葉が違うだけではなく、実際に明確な違いがあるということ、そして即日融資を希望ならば大手の消費者金融のほうが提携ATMや自動契約機がある分、有利であるということです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日