キャッシングが必要になるタイミングとは

キャッシングを紹介する金融会社では、「今すぐお金が必要な時に便利」というキャッチコピーを見かけることがありますね。では、「今すぐお金が必要な時」ってどんなときなのでしょう。

 

一般的なお金が必要な時

よく言われるのが冠婚葬祭です。あまり貯金がないのに友人の結婚式に招待された、しかも数か月の間に複数の結婚式が重なった、親族が亡くなりお香典を用意しなくてはいけない、というような場合です。そのほか、車が故障して急きょ中古車を購入するはめになった、今月車検があるのを忘れていた、というような時もすぐにお金が必要になりますね。

 

こうした時にこそキャッシングが便利です。キャッシングはすぐに現金を手にすることができるため、クレジットカード払いできない支払い、たとえば医療費や子どもの塾代、こまごました生活費などに使うことができます。さらにキャッシングは、保証人や担保を必要としないという利点もあります。

 

決してやってはいけないこと

お金に困った時に便利なキャッシングですが、借金の返済のためにキャッシングすることだけは絶対にしてはいけません。借金を借金で返し始めると、どんどん利子が膨らんでいきます。たとえばA社で20万円借りて利子と合わせて25万円返さなくてはいけない時、返済のためにB社で25万円借ります。その返済のために今度はC社から30万円借りるというように、借金が増えていきます。

 

こんなふうに借入件数を増やしていくと、新規借入が難しい状態になってしまいます。実際に借りているのは今はC社だけであったとしても、キャッシング会社は審査の際にA・B・Cの三社の利用可能額を利用者の「借金」として計算するからです。これが、多重債務者が審査に通りにくい理由の一つでもあるのです。

 

返済できる見込みがあるのなら、多重債務の状態で乗り切ることもできるかもしれませんが、先行きが見通せない、返済の可能性は低いと感じるのなら、債務整理したほうがいいでしょう。いたずらに借金を増やすよりも、生活の立て直しがしやすくなります。

 

給料日が来れば返済できるのに返済日が給料日より前に来る、というような場合は、キャッシング会社に連絡して、給料日まで返済を待ってもらえないかを交渉してみましょう。待ってくれるなら、借金を増やす必要はないわけですし、ブラック登録されることもありません。

 

当然のことですが、なんども延滞するようなときは、利用限度額を減額されたり、一時的に利用できなくなることも考えられます。キャッシングを安易に考えず、ちゃんと返済できるよう、しっかり計画を立てて利用しましょう。キャッシングは一度契約すれば、限度額の範囲内で何度も繰り返し借入・返済が行えます。今すぐお金が必要なのに手元にない、というような場面ではとても便利なものです。

 

今のところ使用する予定はないという人でも、契約だけでもしておくと、いざというときに心強いものです。消費者金融だけではなく、銀行やクレジットカードのキャッシングもあります。一度検討されていてはいかがでしょうか。

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ